でふぉど。

旅行とビールと音ゲー行脚とイラスト

ゲーセンお立ち寄りその4・北海道稚内市・光速憧路

訪問日:2017年3月11日

いざ最北の地へ。

今年の3月のことなんですが、北海道にビール旅してきました。旅程には日本最北端の都市である稚内も含まれます。というのも、稚内ではロシア・サハリンのビールが売っているというのをネットで見かけたので。

で、結果を言うと売ってませんでした。どうも稚内コルサコフを結ぶサハリン航路が運行している6月から9月の間にしか無いそうです。チクショウ。

…さて、別にビールだけを求めて稚内に行ったわけではありません。ここ稚内には日本最北端のゲームセンターである「光速憧路」というお店が有ります。正確にはゲーセンというかレンタルビデオやカラオケ屋も併設している総合アミューズメント施設なんですが。最北端、ということで行脚rの中では有名で、過去にはアケマス最北端の土地としても一部で話題でしたね。

チュウニズム行脚の一環として日本のチュウニズムの置いてある各極地のゲーセンを回ってみよう!ってのをやろうと思い、それの一環で訪れました。

ちなみに現時点(2017年11月28日)でのチュウニズム最極は

東端:モーリーファンタジー中標津

西端:ゲームランドジョイジャングルinとみとん

南端:ゲームランドジョイジャングルinとみとん

北端:光速憧路

という感じです。西端と南端は同じお店。beatmaniaとかは石垣島にもあるので、チュウニズムはまだまだですね(何が。

出発は札幌から。

というわけで、出発です。舞台は北海道旅行中の2017年3月10日夜、札幌の大通りバスセンターから。出費を抑えつつ時間を有効活用ということで、夜行バスで稚内へ向かいます。

f:id:yuuhiti:20171128212000j:plain

バスターミナルの窓口で乗車券を購入。稚内までは6200円です。2号車ということは1号車もあるわけで、日にもよるかと思いますが結構利用者が多かったです。

f:id:yuuhiti:20171128212229j:plain

札幌~稚内便は日に6往復。ちなみにJRの特急は乗継便を含めて3往復。かかる時間はJR特急が5時間強で、バスは6時間弱とバスがやや長いですが、価格と夜行があるのが嬉しいですね。しかし道内の移動で5時間とか6時間とかホント北海道はデカいわ…。

f:id:yuuhiti:20171128213919j:plain

f:id:yuuhiti:20171128213923j:plain

乗車した宗谷バスはトイレ付きの3列シート。車内は程よく暖房が効いており、シートも中の上レベルで至って快適でした(使用しませんでしたがWi-Fiも有り)。夜行バスで4列には乗れない体になっているので、3列ってだけでも嬉しいですわ。

f:id:yuuhiti:20171128232837p:plain

てなわけで出発です。なおこれまでさんざっぱら飲んでいてすぐ寝たので道中の画像はありません。

中略

f:id:yuuhiti:20171128232939p:plain

翌朝。目が覚めてふとカーテンを開けてみると結露が凄いことに。3月とは言えまだまだ寒い北海道。それなのに最北の稚内とか一体どうなってしまうのか。

最北端の街にて。

定刻より少し早めの5時20分頃、稚内港フェリーターミナルに到着。

f:id:yuuhiti:20171211184007p:plain

稚内駅前でも降りれたのですが、この時間駅前ですることもないので、せっかくだからという事で終点まで来てみました。しかしまあ、港でもやる事はないのでとりあえず目の前にあるフェリーターミナルに入ります。ちなみに、

f:id:yuuhiti:20171211184816p:plain

外観はこんな感じです。写真に取ってなかったのでgoogle mapより拝借。続いてフェリーターミナル内の様子です。

f:id:yuuhiti:20171211184321j:plain

朝早くでしたが売店は営業中でした。

f:id:yuuhiti:20171211184330j:plain

f:id:yuuhiti:20171211184335j:plain

f:id:yuuhiti:20171211184340j:plain

こちらからはハートランドフェリー礼文・利尻へと航路を引いています。フェリーターミナルでバスを降りた人たちは自分以外は皆フェリー利用のようでした。まあ当たり前といえばそうですが。

f:id:yuuhiti:20171211191331j:plain

f:id:yuuhiti:20171211191334j:plain

港には礼文行きのフィルイーズ宗谷と利尻行きのサイプリア宗谷が停泊中でした。思ったより大型の船でビックリしたのですが、ハートランドフェリーのHPでの紹介を見たら内装も豪華でこの最北の地でもゆったりとした船旅が楽しめそうですね。

www.heartlandferry.jp

f:id:yuuhiti:20171211191858j:plain

フェリーターミナルの向かいには稚内港国際旅客ターミナルがあります。サハリン航路のあるシーズンしか開館されないのでガランとしていました。

さて、フェリーターミナルもあらかた巡った所で、港を抜けて稚内駅方向へ向かいます。

f:id:yuuhiti:20171211192522j:plain

f:id:yuuhiti:20171211192527j:plain

f:id:yuuhiti:20171211192623j:plain

 

f:id:yuuhiti:20171211192534j:plain

朝焼けの稚内港周辺。寒いですが白い雪に写る青い空とのコントラストが本当に綺麗で、空気も澄んでいて気持ちよかったです。

f:id:yuuhiti:20171211235525j:plain

そんなわけで稚内駅に到着。JR北海道の経営問題で稚内駅のある宗谷本線も名寄駅以北がどうなるか判らなくなってきている今日このごろ。かつてはサハリン…当時としては樺太との路線と鉄道連絡船で繋がっていた歴史も有り、歴史ある路線であるので末永く続いてほしいものです。

宗谷岬は前行ったしなぁ…

目的地の光速憧路は10時開店なので、この時点でまだ4時間近く時間が余っています。稚内と言えば最北端の街。最北端の街といえば日本の最北端があるわけなのですが、当の最北端の地である宗谷岬は過去に行ったことがあったので、今回はもう一つの北の岬であるノシャップ岬へ行くこととしました。ちなみに北海道の根室北方領土を除く日本の最東端である納沙布(のさっぷ)岬があります。紛らわしいね。

f:id:yuuhiti:20171212001240p:plain

あと宗谷岬遠いんすよ、意外と。

f:id:yuuhiti:20171212000528j:plain

6時52分、駅前発ノシャップ行きバスに乗ります。

f:id:yuuhiti:20171212000805j:plain

市内をぐいっと北上して、

f:id:yuuhiti:20171212001422j:plain

f:id:yuuhiti:20171212001612j:plain

約10分でノシャップ岬最寄りのノシャップバス停に到着。地面は氷と雪。ここから岬までは300メートル程。足元に気をつけながら歩きます。

f:id:yuuhiti:20171212001919j:plain

この青い空がホント…もうね……。

f:id:yuuhiti:20171214123607j:plainf:id:yuuhiti:20171212002053j:plain

お土産屋や飲食店が数件有るけども、どこもまだ開店前でした。樺太食堂は一度行きたいカオスなお店。詳しくはGoogleさんへ。

f:id:yuuhiti:20171212002157j:plain

f:id:yuuhiti:20171212002201j:plain

そしてノシャップ岬到着。何やコレ…利尻富士がホントくっきり綺麗に見えるやん…。ホント晴れてよかった。もし雪とかだったら…駅に引きこもってただろうな4時間。

というわけで岬付近の写真を幾つか。

f:id:yuuhiti:20171212002630j:plain

f:id:yuuhiti:20171212002613j:plain

f:id:yuuhiti:20171212002551j:plain

f:id:yuuhiti:20171212002607j:plain

f:id:yuuhiti:20171212002626j:plain

f:id:yuuhiti:20171212002637j:plain

f:id:yuuhiti:20171212002558j:plain

f:id:yuuhiti:20171212002603j:plain

f:id:yuuhiti:20171212002619j:plain

f:id:yuuhiti:20171212002622j:plain

いやぁ…息を呑む絶景とはまさにこの事。

宗谷岬の方は背後に壮大な宗谷丘陵がそり立ちますが岬の先に見えるのは海くらいで最果て感は有るのですが、景色としては最果て感も利尻富士の絶景もついでに海に沈む夕日も見られる(らしい)ノシャップ岬の方が個人的に好きかもしれません。まあ比べられるものでもないので、どちらも良いです。

しかし何度も言いますが白と青のコントラストがホント綺麗でしたね…。

ブラブラ飯を食いつつ

f:id:yuuhiti:20171214130701p:plain

その後バスで再び稚内駅前へ。

まだ時間もかな~りあったので歩きで目的地へぶらぶら向かいます。

f:id:yuuhiti:20171214124900j:plain

f:id:yuuhiti:20171214124916j:plain

まだこの日は何も食べてなかったので、途中うろこ市という所で海鮮丼を食べたよ。やっぱり北海道、しかも港町に来たなら海鮮をたべにゃね。

f:id:yuuhiti:20171214130749p:plain

カウンターからは港が見えいい雰囲気。

海鮮丼ですが、新鮮な海鮮は旨みたっぷりで美味しかったです。お値段は食後のコーヒー付きで1800円でした。値段だけ見たら高めかもですが内容的には安いくらいかと。

f:id:yuuhiti:20171214125342j:plain

f:id:yuuhiti:20171214125346j:plain

お…おう。

目的地にて。

f:id:yuuhiti:20171214130851p:plain

10時近くになり太陽も登って明るくなりましたが、照り返しがキツくなってきましたね。

その後は国道沿いを南下していき…

f:id:yuuhiti:20171214131151j:plain

f:id:yuuhiti:20171214131200j:plain

f:id:yuuhiti:20171214131155j:plain

f:id:yuuhiti:20171214131207j:plain

目的地の光速憧路さんへ到着しました。雪道に慣れていのとアイスバーン化して滑りやすい所もあり、駅から2キロほどとはいえ結構疲れました。

ちなみに光速憧路の最寄り駅は稚内駅の1つ手前にある南稚内駅になるので行脚の際は注意してくだせい。今回は歩きましたが、稚内駅から行く場合だと近くまでバスが走っているのでそちらを使うのもアリです。

いざ最北のゲームセンターへ。

f:id:yuuhiti:20171214131845p:plain

すでにかなり達成感がありましたがゲームを楽しんでこそのゲーセンなので、気持ちを切り替えていざ入店。

店内は入って正面がCD・DVDなどのレンタル、右手にアミューズメントスペース(ゲーセン)、2階にカラオケとネットカフェがあります。

f:id:yuuhiti:20171214131954p:plain

f:id:yuuhiti:20171214132000p:plain

ゲーセンコーナー入ってすぐにある艦これと三国志

f:id:yuuhiti:20171214132005p:plain

の先にあるマリカやイニD等のレースゲーム。

f:id:yuuhiti:20171214132016p:plain

その先は音ゲーコーナー。ちなみに右手の壁沿いにはクレーンゲームがズラリ。

f:id:yuuhiti:20171214132020p:plain

f:id:yuuhiti:20171214132025p:plain

f:id:yuuhiti:20171214132029p:plain

f:id:yuuhiti:20171214150418j:plain

機種としてはmaimaiとクロビ以外の現行機は揃っている感じでした。ちなみにポップン弐寺(踏み台無し)は隔離された配置でしたね。

音ゲ付近には女児ゲーと、奥にはボダブレや汎用筐体に戦場の絆など色々とありまして、お客もそれなりに入っていました。

 

音ゲに関して気になった点としては、プレイあたりの値段設定がチュウニは100円でしたが…

f:id:yuuhiti:20171214150531j:plain

コナミゲーは200円となっていました。パセリでも200超の模様です。

f:id:yuuhiti:20171214150614j:plain

f:id:yuuhiti:20171214150620j:plain

f:id:yuuhiti:20171214150625j:plain

f:id:yuuhiti:20171214150631j:plain

f:id:yuuhiti:20171214150635j:plain

弐寺は結構ヘタっていた印象。

最北のチュウニズム

f:id:yuuhiti:20171214145941j:plain

さて、チュウニズムです。単騎設置で裏口のすぐ横にありました。空きスペースうまいことハマった感じ。

f:id:yuuhiti:20171214151108j:plain

そしてここで初めてレート14を超え金レになりました。長らく13台後半をウロウロしていたので素直に嬉しかったです。それをこの最北の地で達成したというのもまた感じるものが有りました。ガッツポ。

3クレほどしてお店を後にしました。最北の地でチュウニが出来てボク、満足です…(スナネコ感。

その他稚内の風景など

この後は稚内駅へ戻り旭川行きの特急列車に乗るのですが、これについてもまた時間が有ったので歩いて駅に行きつつ寄り道したり街の風景を撮影したりしていました。

f:id:yuuhiti:20171214152746j:plain

稚内駅近くの商店街です。アーケード部分にロシア語で店名?が書いてあるのが特徴。

f:id:yuuhiti:20171214152757j:plain

こちらは稚内信用金庫本店。

f:id:yuuhiti:20171214152800j:plain

…両替ってことかな?

 

f:id:yuuhiti:20171214153100j:plain

続いて稚内駅の北側にある稚内港北防波堤ドーム。ここは稚内港の防波堤として、またかつて存在した稚内桟橋駅と桟橋を乗換通路として1931年に建設されたもの。現在のは1981年に全面改装されています。

f:id:yuuhiti:20171214153109j:plain

こんな感じでながーーーい建物です。いい風よけ雨よけなので、かつては夏場はここで野営する人が多く見られたそうですが、現在は禁止となっています。

f:id:yuuhiti:20171214154251j:plain

うーん、ダイナミック。単に建造物としての魅力が高く惹かれます。

f:id:yuuhiti:20171214154453j:plain

なお途中にある道路標識。こちらにもロシア語が。

さらば稚内

f:id:yuuhiti:20171214154839j:plain

駅に戻ったら列車が遅れていた模様で、時間が出来ましたが駅でのんびりすることに。

f:id:yuuhiti:20171214155023j:plain

f:id:yuuhiti:20171214155028j:plain

f:id:yuuhiti:20171214155032j:plain

f:id:yuuhiti:20171214155047j:plain

その後列車が到着。折り返しの時間もあまり無いのでそそくさと乗り込む。

f:id:yuuhiti:20171214155039j:plain

f:id:yuuhiti:20171214155036j:plain

ありがとう稚内!!また来るぜ!!今度は樺太食堂行きたい!!

 

という感じでの最北ゲーセン、光速憧路探訪記でした。

北海道は札幌近辺以外の過疎化が激しく進んでいますが、稚内を含む北海道北部は特に厳しい状況。厳しい自然環境に産業の少なさ、進学先の少なさ、娯楽の少なさ等から来る若年層の転出に出生率の低さが人口減に拍車をかけます。特に3次産業には深刻な問題で経営が立ち行かなくなり廃業、不便さだけが残る…という事も。

アミューズメント施設はそういった人口減の割を喰いやすい所ですが名寄以北唯一の施設ですし、頑張って欲しいです。

ゲーセンお立ち寄りその3・岩手県奥州市・テクノワールド

訪問日:2017年8月24日

行きたいお店がある。

どうもご無沙汰しています(いつもの)。

さて、個人的に東北は好きなちほーでして、ここ数年は年に3・4回くらい行っています。主な目的はゲーセン行脚に酒と飯、それに旅先で知り合った方々との交流、または名勝や歴史的建造物等、単純に旅行していて楽しい土地だからというのが主な理由です。

縦以外の交通の便はあまり良くないのですが、計画立てて移動するのが好きなのもありそういったローカル感のある所も「味」があっていいですね。パズルピースをハメていくように良い行程が組めた時は絶頂モノなので。

あと歴史ある土地が多く、昔からのレトロ感有る街並みが残っている所も多い気がします。古すぎない、大正・昭和レトロって感じの(…イナカとも言う)。

 …とまあ色々とあるのですが、2016年にTwitter内でこんなツイートがTLに流れてきました。 

モバイル端末ゲームの普及やアミューズメント施設離れ、増税の影響などにより全国的にゲームセンターが減少する中で、この訴えは心に感じるものが有りました。ゲームを求めて、ゲーセンを求めて全国をブラブラしていますが、そこでの出会いは全て良いにしろ悪いにしろ、記憶に残るわけで。かつてお邪魔したゲーセンが閉店したと解ると、やっぱり寂しいんですよね。やはり残って欲しいし、そう思っている人は他にもいるはず。このSOSを見過ごすわけには行きませんでした。

しかしながら行くぞ!と思いつつも中々行けるタイミングがありませんでした。大阪から岩手は遠い。。ただテクノワールドさんは苦境に立たされつつも経営を続けておられ、今年の8月、東北に行く機会がありその際にようやく訪問することが出来ました。

仙台から水沢へ。

毎年8月下旬に秋田でビアフェスがあり、それに参加するため毎年仙台方面から数日かけて東北を観光しつつ秋田に向かっているのですが、今回はその道中に立ち寄る形にしました。今年は関西から夜行バスで仙台へ向かい、そこから18きっぷを使い鈍行でテクノワールドの最寄り駅、水沢へ向かいました。

f:id:yuuhiti:20171109191541j:plain

f:id:yuuhiti:20171109190931j:plain

朝の仙台ステンショ前と構内。

f:id:yuuhiti:20171109190935j:plain

7月に長野県内クラフトビール巡りをした時に買っていた18きっぷ。1回分残っていたのでこの度使用しました。

f:id:yuuhiti:20171109191334j:plain

仙台から水沢までは途中、小牛田と一ノ関で乗り換え約2時間ほどかかります。結構遠い。

 

中略。

 

f:id:yuuhiti:20171109192553p:plain

途中座席に座ったり座れなかったり、ビールを買ったり乗り遅れそうになったりしつつお昼をまわった頃に水沢につきました。

f:id:yuuhiti:20171109192743j:plain

ちなみに水沢江刺という新幹線の駅がありますが、そこはここから5キロほど離れています。

f:id:yuuhiti:20171109192933j:plain

自動改札は無く、ICカードも範囲外なので非常にシンプルなつくりの改札。ロープが張ってありますが、これは列車が来る時のみ係員が出てきて開場され客扱いが終わるとまた閉まります。そして上下それぞれ2列車のみの発車標に改札兼用の窓口…。地方駅の魅力をギュッと詰めたような改札で良いですね(何。

f:id:yuuhiti:20171109193325j:plain

f:id:yuuhiti:20171109193345j:plain

駅前。正統派地方の駅前ロータリーですね(だから何。

ビルの汚れから寂れた雰囲気を感じます…。自分はこういったのが寂しいながらも好きだったり。こういったビル横の細道とかも、今は落ちこんでいるけども過去の繁栄を垣間見ることが出来たりしていいですね。。

まさかの展開

さて、実はここまでの道中Twitterにてテクノワールドへ行く旨と、駅到着後は最寄りへ行くバスを待っているという旨をツイートしながら来ていたのですが、そうしたらテクノワールドの店長さんからリプ。なんとお店まで車で送っていただけるとのこと。

 バスの時間まですぐでしたが、天気も悪く、テクノワールドは最寄りバス停からもそれなりに歩く位置。それにこういうのは滅多にない機会だろうと思い御好意に甘えさせていただきました。

10数分後、店長さんの乗った軽自動車が駅前に到着。感謝の気持ちを表し乗車させていただきました。

f:id:yuuhiti:20171109232615p:plain

店長さんの車に揺られて水沢市内を抜けて…

f:id:yuuhiti:20171109233128p:plain

北上川を渡り…

ちなみに車内ではお店の経営環境のお話やゲームなどの話をしていました。クロビを入れた理由として米津玄師氏の曲があるからなどなど。。

f:id:yuuhiti:20171109233149p:plain

そして見えてきましたテクノワールド。駅から車で10分するかしないかってところですかね。結構遠いので晴天でも徒歩だと結構キツイ距離です。ディ・モールト有難かった…!!

焦れた場に。

というわけでテクノワールドさんへ到着しました!!

f:id:yuuhiti:20171109233725j:plain

思ったより大きな建物で、コンビニだったのかなと思っていたら作業服関連の専門店だったり携帯ショップだったりした建物だそうです。

f:id:yuuhiti:20171110003500p:plain

f:id:yuuhiti:20171109234525j:plain

いざ入店。やや薄暗さのある店内。

入店してやや左正面に見えるインフォメーション。店内は入口を背にして右手には格闘ゲーム等の汎用筐体にイニD、麻雀格闘倶楽部の他、戦場の絆の大型筐体があります。

f:id:yuuhiti:20171109234356j:plain

f:id:yuuhiti:20171109234410j:plain

f:id:yuuhiti:20171109234445j:plain

続いて左手の音ゲーコーナー。

f:id:yuuhiti:20171109235140j:plain

チュウニ・クロビ・DIVA・指・ポップン・ボルテ・リフレク

f:id:yuuhiti:20171109235144j:plain

ノスタルジアギタドラ、ダンエボ、インフォメーション前にはダンレボ、あと写ってないですが弐寺もありました。

f:id:yuuhiti:20171110003650j:plain

そして5鍵親子。可愛い。

いろいろと思いつつ。

広く清潔感のある店内。空調が効き店舗前には自動販売機、店舗内には扇風機や待ちイスもあり過ごしやすい環境です。

しかし中心部分は明るく照らされていますが、隅の部分は電気がついておらず電源の入っていない筐体もいくつか有ります。テクノワールドさんの例の2016年の声明にもありますが、電気代を出来得る限り節約する、という所がありこういった状態になっています。

自分が行った時は店内には平日昼とはいえ常連さんが1人。その後ももう1人来られたかな。ここは駅から遠く、周囲に何があるというわけでも無い立地です。以下を参照。

江刺の市街地からはそれほど遠くは無いんですけどね…。車社会とはいえテクノワールドさんへ行くだけの人がどれだけいるか…こういうのもなんですが、経営難なのも少し納得してしまいました。

しかし音ゲー好きゲーセン好きとしては、店長さんの情熱とお店を支えている方々の熱意を応援したい。全国にはおそらくテクノワールドさん以外にもこういった所はあるかと思います。そのような中で、自分には何ができるのかと考えさせられました。

f:id:yuuhiti:20171110001815p:plain

ともあれ、遊んでクレジットを落とす事が支援の一歩と思い、短い滞在時間でしたがSTARになったばかりのチュウニズムを中心に遊びました。クロビをやりに行ったはずだったんだけどなぁー。

ちなみにプレイ中、店長さんは上記のインフォメーションの裏で事務仕事をされたり、店内にいた常連さんと一緒にダンレボされたりしていました。テクノワールドの店員は店長さんひとり。客とのゼロにちかい距離感の近さもここの魅力の1つですね。ああ、いいなぁ。

f:id:yuuhiti:20171110002853j:plain

インフォメーション前ではアイスが売ってました。暑がり&汗っかきの自分としては嬉しいサービス。

f:id:yuuhiti:20171110002856j:plain

チュウニで火照った体に大正義AKAGIのチョコミントアイス。ディ・モールト・ベネ!!そいやファミマのチョコミントフラッペにもAKAGIのチョコミントが使われてましたね。速攻消えましたが。ファ◯ク。

あ、アイスは夏期以外にあるのかは知りません。

f:id:yuuhiti:20171110004059p:plain

楽しい時間は過ぎるのも早いもの。旅程に組み込んだ2時間弱の滞在時間はあっという間でした。もっと時間をとっていればあと何クレか出来たのでは…いっそのこと旅程を変えては…等と考えたりしましたが、今回はこれにて退散することに。

退店前に店長さんに今回のご好意に改めて感謝の気持ちを述べさせて頂き、お店を後にしました。その際帰りはどうするのかと聞かれましたが、バスで帰ることをお伝えしました。もしかしたら帰りも送っていただけるのかな…とも思いましたが、さすがにそこまでしていただくわけにも行きませんので。。

行脚の注意点というか。

f:id:yuuhiti:20171110004720p:plain

お店に一番近いバス停まではですね、こんな未舗装道を歩いていくわけんですけども、

f:id:yuuhiti:20171110004821p:plain

この辺り溝にたまった水で濡れるか草についた水で濡れるかどちらにしろ濡れるので、雨の日は別のバス停を使って方がいいかと思います。ワイトもそう思います。

f:id:yuuhiti:20171112013432j:plain

そんな感じで到着した小畑バス停。岩手県交通水岩線の路線で、水沢駅方面へは1時間に1本という感じです。詳しい時刻表は岩手県交通HPにて。

人と場所との出会い。

f:id:yuuhiti:20171112014236j:plain

こちらは水沢駅の待合室。囲炉裏風の座席部分で寝るサラリーマンの姿が印象的でした。

さて、テクノワールドさんですが、とても楽しかったです。立地面では厳しい所もありますが、「雰囲気・環境・メンテ・人」と、どれも「行って・遊んで・楽しめる」要素は全て良かったです。

実は行くにあたって、少し気張った所もありました。どんな所なんだろうなぁと思ったりもしていましたが、殆どの不安は杞憂と消えました。 数少ない残った不安は今後の経営面というところですね、やっぱり。

「昔ながらのゲームセンターを守りたい」

という店長さんの心意気を応援するためにも、また必ず訪れたい所です。次回はもっと長く滞在してお金を落としていきたいですね。そしてTwitterで宣伝するのだ。

というわけでテクノワールドさんのTwitterはこちら↓

twitter.com

イベントも多く行っているので、チェックしてみるのもいいかと思います。

ゲーセンお立ち寄りその2・石川県七尾市・ゲームセンターベティ

訪問日:2017年6月23日

猫に触れたい。

猫に触れたい。

モフモフしたい。

ウチでは猫を飼っているがたまには浮気してもいいよね……。

 

というわけではなく、日々の習慣であるチュウニズム店舗検索をしていたら気になる店舗があったので前々から行ってみたかったんですよね。その名もゲームセンターベティ(チュウニズムネットでは単に「ベティ」という名前です)。店舗検索に出ている住所にピンと来た自分は早速GoogleMapで検索。

ほほう。石川県七尾市とな。和倉温泉の近くとな。

そして回りには田んぼくらいしか無さそうなこの立地。なにより舟尾町38という住所。なんだよって。これは非常に魅力的な香りがするぞ!!

ちなみにこのゲーセンでは猫ちゃんを飼っているそうだ。オイオイオイ、死んだわ俺。

てなわけで行く。

 丁度2017年6月24・25日に新潟で新潟クラフトビールの陣というビールイベントが催される事になっており、それに参加するついでに前日に金沢市内のブルーパブで飲んで一泊する予定でした。なのでその中に行脚をぶち込む事に。

ただ、まず大阪から金沢までが結構遠い。JRの特急サンダーバードでも2時間半ほどで、最寄りの和倉温泉駅まではそこから更に1時間ほどかかります。夜のこともあるのでゲーセンにあまり長居できないのが寂しいところですが、使える時間は目一杯楽しんでいこうかと思います。

f:id:yuuhiti:20170913165822j:plain

そして2017年6月23日in大阪駅時は来た。

f:id:yuuhiti:20170913165911j:plain

今や1日1往復となってしまった和倉温泉行きの直通特急に乗り込みます。昔はもうちょっとあったんですけども、北陸新幹線開通に伴う経路一部区間3セク化の影響ですかねぇ…。

f:id:yuuhiti:20170913170137j:plain

小腹が空いていたので車内でヒレカツサンドをパクつきつつクラフトボスで一服。右側のゴツいブツはアクションカムで風景を撮影していました。別に出す所は無いので自宅に帰ってニヤニヤしつつ旅行を振り返るための動画でするよ。

道中(▷▷)

f:id:yuuhiti:20170920232501p:plain

さてさて、電車は琵琶湖の西側を越えて、

f:id:yuuhiti:20170920232607p:plain

福井の田園地帯を駆け抜け、あ、これは鯖江あたりにあるなんだか民族っぽいドームです。

f:id:yuuhiti:20170920232713p:plain

大阪から2時間半ほどかけて金沢ステンショに到着。

f:id:yuuhiti:20170920232802j:plain

f:id:yuuhiti:20170920232819j:plainここで暫く停車。やることもないのでだいたい車内にいました。

f:id:yuuhiti:20170920232806j:plain

旧塗装のサンダーバードも少なくなりましたね。ウチは今の黒の栄えたキリッとした塗装が好きです。なお色褪せる前。

f:id:yuuhiti:20170920233004p:plain

その後出発。津幡を過ぎた所でIRいしかわ鉄道(旧北陸本線)に別れを告げて七尾線に入ります。

f:id:yuuhiti:20170920233342p:plain

能登半島の自然を楽しみつつ金沢から1時間ほど乗車。

f:id:yuuhiti:20170920233416p:plain

14時頃、和倉温泉駅に到着。正直疲れた。

f:id:yuuhiti:20170623141024j:plain

 列車を全面から。大阪からお疲れ様でした。帰りも頑張ってね。

f:id:yuuhiti:20170920233836j:plain

f:id:yuuhiti:20170920233831j:plain

そういえば今は金沢-和倉温泉間で「花嫁のれん」という観光列車が走っていまして、駅もこんな感じで駅名標をメイクアップしてアッピルしていました。実は帰りに乗ったんですが、イスがイマイチなイメージしか残ってないです。1号車側にあるソファーみたいな所だったら印象は変わったでしょうが、ボッチで取る席でもない(1スペースで複数の指定席券がいる)ですし…。

f:id:yuuhiti:20170920234651j:plain

さて、駅の改札を出ると和を感じる空間と湯快リゾートの広告が。今のところ大江戸温泉物語は無いようです。

f:id:yuuhiti:20170920235020j:plain

f:id:yuuhiti:20170920235258j:plain

印象的だったのは列車の到着に合わせて各宿泊施設の人が迎えに来ていたこと。駅前には送迎バスが並んでおり、「あ~温泉のある観光地に来たなぁ」感がわきます。今回はご縁がありませんでしたが、俺もいつか加賀屋に…。

f:id:yuuhiti:20170920235319j:plain

時間もないのでさっさとベティさんへ向かいます。移動手段は駅の待合室にある観光案内所で借りたレンタサイクルで。値段忘れましたが、4時間くらいで500円くらいだったと思います(曖昧)。

一応、駅から近くまでバスが有るのですが本数が絶望的に少ないのでオススメしません。電動アシストの付いていないレンタサイクルでもそれほど苦にならない距離とアップダウンです。

そして到着へ。

f:id:yuuhiti:20170921000639p:plain

てなわけでGOです。

f:id:yuuhiti:20170921000711p:plain

f:id:yuuhiti:20170921000716p:plain

駅前の県道1号線を左折し西進。

f:id:yuuhiti:20170921000835p:plain

五叉路である和倉温泉西交差点を左斜め前に進みます(ここで一度道を間違えた)。「輪島 田鶴浜」みたいな看板があるので、それを目印に進みます。

f:id:yuuhiti:20170921001159p:plain

長い下り坂を下って…

f:id:yuuhiti:20170921001244p:plain

f:id:yuuhiti:20170921001250p:plain

スーパーやラーメン屋(どさん子)を抜けたらベティさんはもうすぐそこです。

f:id:yuuhiti:20170921001458p:plain

お、GoogleMapで何度かみた例の赤茶色屋根の建物が……。

f:id:yuuhiti:20170921001550p:plain

このあたりまで来るとテンションがより上がってきます。

f:id:yuuhiti:20170921001632p:plain

「営業中」の電光掲示が嬉しいですね。

f:id:yuuhiti:20170923230648j:plain

f:id:yuuhiti:20170923223401j:plain

というわけで念願のベティさんへやってきました。見た目はゲーセンというよりもなんだかレストランっぽい感じですね。夜になると発色するであろう店名のサインがカッコ眩しい。

玄関前から聞こえるゲームの音に気分が高まります。さっきから何かと高まってばかりですが、実際興奮しません?ショッピングモールでもエスカレーターを登ってゲームコーナーの音が聞こえてくると…、大型店の自動ドアが空いた瞬間…などなど。場の雰囲気が変わる、変わっていくその瞬間が楽しい。そして遊ぶともっと楽しい。

f:id:yuuhiti:20170923230346j:plain

店の外に見えた色あせたCopulaのポスター。Copulaの衣装はエロ可愛くて良いですよね…鉄道がテーマってのも良いです。。

というわけで入店。

f:id:yuuhiti:20170923230919j:plain

自宅の入り口の様な扉を開けてまず目に飛び込んでくるのは煙草の自販機とフード類の自販機。カップヌードル用の箸付きです。

そして中へ進むと…………

そこは音ゲーに包まれた空間。

f:id:yuuhiti:20170923231753j:plain

f:id:yuuhiti:20170923231915j:plain

f:id:yuuhiti:20170923231908j:plain

おお…凄い。なんというか凄い。

f:id:yuuhiti:20170923232144j:plain

f:id:yuuhiti:20170923232148j:plain

無造作に置かれた販促のチラシやマニュアル類…

f:id:yuuhiti:20170923232454j:plain

f:id:yuuhiti:20170923232458j:plain

無造作に置かれたメンテナンス用のものと思われる工具やスプレー類にパーツ類。

各筐体から発せられる音は大きくそして質が高い。Twitterにたまに書いているけども、店長氏はスピーカーを純正以外にも変更したりして音質向上を図っていて凄いです。そんな向上心のあるDIY精神を感じられるのもベティさんの魅力かと。

f:id:yuuhiti:20170923234645j:plain

こんなパーツ取りしているような部屋もありました。入りはしませんでしたけどもなんだかこう、ジロジロ見たい所でした。

しかしホント…非日常的空間でいいなぁ…。

そしてもう一つの魅力がこちら。

f:id:yuuhiti:20170923233634j:plain

看板猫のロロにゃんです。

f:id:yuuhiti:20170923233413j:plain

f:id:yuuhiti:20170923233704j:plain

行った日はケージの中でおねむだったので触ることはできなかったのですが、なんというかもういい具合のフワフワ感でぜひモフりたかった…。

ちなみに写真を撮っていると…

f:id:yuuhiti:20170923234142j:plain

(*´∀`*) 起きました…(起こしたものではないと思いたい)

f:id:yuuhiti:20170923234222j:plain

鼻筋のブチがチャームポイントですにゃぁ…カワユイ……(;゚∀゚)=3ムッハー

プレイ。

f:id:yuuhiti:20170923235024j:plain

音響がめっさ良いクロビ。

f:id:yuuhiti:20170923235032j:plain

f:id:yuuhiti:20170923235027j:plain

クロビは行脚を意識していませんが石川県内でプレイできる所は少ないので。

f:id:yuuhiti:20170923235354j:plain

今(2017年9月23日現在)は撤去されてしまったらしいグルコス。しっかり台も付いてました。

f:id:yuuhiti:20170923235511p:plain

ブースターの具合を確認。タップのレスポンスは素晴らしくスライドは柔らかめでなんだか気持ちよかったです。もう無いと思うと残念です…。グルコスはメンテ状態の良し悪しがプレイに直結する…勿論他ゲーもそうですがより過敏な感じな気がする…ので、プレーヤーの多さを考えたら割高にもなるかもですね…。それが原因かは知りませんが。。

f:id:yuuhiti:20170924002013j:plain

行った時は少しだけやってたボルテ(今はやってない)。

f:id:yuuhiti:20170924001925j:plain

レイシスのぬいぐるみが掛かってました。

f:id:yuuhiti:20170924002106j:plain

☆★ベティ★☆

f:id:yuuhiti:20170924002235j:plain

チュウニのスライドは中々綺麗でした。

f:id:yuuhiti:20170924002304j:plain

TRUSTのちゃん凪はホントエロいですよね。おう、足舐めさせろ。

こんな感じで2時間ほどお店を眺めたりゲームしたりしていました。日中時間帯という事もあってかお客さんは3人ほど。お兄さん2人と高校生くらいの女の子が1人でした。近場にこれほど情熱を感じるゲーセンが有るのはいいなぁ……。

宴の終わり。

さて、列車の時間も近づいてきたので、名残惜しいですが退散です。

f:id:yuuhiti:20170924002548p:plain

この実家の入口のようなドアを…

f:id:yuuhiti:20170924002552p:plain

開けたらそこに有るのは現実です。

f:id:yuuhiti:20170924002800p:plain

この「営業中」の文字が末永く続くことを願いつつ店を後にしました。

というわけで。

ベティさんでした。こんな田舎にあるのは勿体無いくらいというか、むしろ田舎だからこんな店に出来たというか、そんな事を考えつつも本当に楽しいお店でした。

筐体をDIYしている所を垣間見れる事なんてそうそう有るもんじゃないですし、音響もメンテも良くプレイしていて楽しい。けして広くはないけども、この薄暗い店内の中で音楽に包まれた2時間は非常に良かったです。

岩手のテクノワールドさんもそうでしたが、ベティさんも厳しい収支事情をTwitterでつぶやいておられました。1ユーザーとして支援できることは少ないですが、とりあえず出来ることは「この店を広めること」と「また行って遊ぶこと」。そして今度行ったらロロにゃんをモフって、ステッカーが(まだ有ったら)欲しいです。

次回は日本海倶楽部でビールを飲む予定と合わせて組んでみますかねぇ。

チュウニズム行脚その28・高知県高知市・えの木2

訪問日:2016年6月14日

高知、遠い。

高知遠いんすよ。四国内でも一番奥じゃないですか。関西から見れば松山も大概ですけども、やっぱり四国山地を越えるってだけでも精神的にも遠い。

香川から見ても四国の対角線なので、実際遠いわけです。鉄道も1本じゃいけないので、必ずどっかで乗り換えが必要になります。

f:id:yuuhiti:20170828234733j:plain

というわけで高松から乗ってきたいしづち17号を多度津で下車。この駅でこれまで乗っていた予讃線から高知へと向かう土讃線が分岐しています。

f:id:yuuhiti:20170828234955j:plain

乗り換える高知行の南風17号は約20分後。駅周辺をブラブラするくらいしか時間無いですね。と言っても鉄道好きとしては多度津駅前には見どころがいくつかあります。

f:id:yuuhiti:20170904233103j:plain

 まず駅正面のターミナルにデンと構えるこれは「四国鉄道発祥の地」の碑。かつて現JR四国予讃線土讃線の一部を建設した讃岐鉄道。元々多度津港から金比羅山の参拝客を見込んで建てられた鉄道ですが、その成り立ちから多度津はその中心でした(ちなみに実際に四国初の鉄道は愛媛松山の伊予鉄道であり讃岐鉄道は2番目だったり)。

他私鉄に買収されその後国有化、JRとなった今でも四国唯一の鉄道車両工場がこの地にあり、四国の鉄道を支えています。

駅前に鎮座するこの動輪は国鉄時代の蒸気機関車、いわゆる「ハチロク」のもの。全国を走ったハチロクですが、四国にも馴染みは深く多度津駅前には動輪の他機関車も展示されています(今回は撮ってません)。

f:id:yuuhiti:20170904234811j:plain

そして駅構内から見ても目立つこの給水塔。国の有形文化財に登録されており、レンガ造りの趣のあるその姿がメンズマインドを刺激します。

いざ高知へ。

f:id:yuuhiti:20170904235348j:plain

とかやってると列車の時間となったのでホームへ。2000形気動車の南風17号に乗り込みます。

f:id:yuuhiti:20170904235622j:plain

バースデーきっぷ特権でグリーン車に乗りました。JR四国グリーン車なしの特急も多いので意外とこの特権使えないんですよね…。なのでここぞとばかりに。

f:id:yuuhiti:20170904235928j:plain

足元が広いぜ…。

f:id:yuuhiti:20170905000025j:plain

ビールを飲みながら、

f:id:yuuhiti:20170905000030j:plain

大自然の風景を楽しみつつ、

f:id:yuuhiti:20170905000035j:plain

四国山地を越えて高知市街へ。

f:id:yuuhiti:20170905000234j:plain

というわけで夜の帳が降りつつある頃に高知駅に到着しました。ちなみに自動改札設置駅です。

f:id:yuuhiti:20170905000524j:plain

駅前にある坂本龍馬武市半平太中岡慎太郎の土佐三志士像。銅像っぽいですが発泡スチロール製(表面は強化ウレタンで包まれている)だそうで。ずっと銅像と思っていたのでショックというよりもそういうのもあるのかという感じです。

気になる店名のお店へ。

駅前散策も程々に、とりあえず宿にチェックインしてからゲーセンへと向かいます。宿からほど近いはりまや橋電停から路面電車に乗り西進し、旭町三丁目電停で下車。

f:id:yuuhiti:20170913012819p:plain

高知の路面電車は低床車もありますが全体的に古い物が多くノスタルジーを感じます。

f:id:yuuhiti:20170913012923p:plain

電停に降り立った所。ゲーセンはこのすぐ近くで、写真右奥側になります。とりあえず横断歩道を渡って進行右側へ。

f:id:yuuhiti:20170913013059p:plain

ひときわ明るい店が見えてきます。そこが今回の、高知の目的地。

f:id:yuuhiti:20170913013440j:plain

えの木さんです。公式の設置店舗一覧を眺めていたら店名が気になったので調べてみたら、中々味の有りそうな店だったので来てみました。ココがなかったら高知駅から近いプラザカプコンか宿から近いラウンドワンに行っていたかも。

なんでもBEMANI系の登録店舗名がカオスな事で有名だとか。そう言えばマジアカもそうですがコナミゲーの中での店舗名設定って結構自由な所がありますよね。セガゲーは普通に正式店舗名ですが、まあAimeカード認証時に店舗名出たりしないですので変にネタに走る必要も無いですからね…(チュウニだと店舗名はチュウニズムネットでのプレイ履歴詳細で確認できるくらい)。

店舗名といえばチュウニズムネットによると「えの木2」となっています。「2」なのは昔はえの木1もあったからでして、現在はそちらは閉店となっているようです。えの木1の建物自体は2のやや奥の方に現在もあるようです。

f:id:yuuhiti:20170913020845p:plain

というわけで入店です。AOU加盟店らしい。

f:id:yuuhiti:20170913021702p:plain

入店したら目の前にチュウニズム発見。入り口から向かって右手が音ゲーコーナーで、左手が格闘やSTG等のアーケードゲームになっています。クレーンやプリクラは無い男らしい仕様です。配線でややゴチャっとした天井に漂う煙草の香りが昔ながらのゲーセン感を思わせます。岡山のスターダストを思い出しました。

f:id:yuuhiti:20170913022007j:plain

さて、チュウニズムは単騎設置。隣のビーストは今はノスタルジアに変わってるようです(設置店舗検索より)。

f:id:yuuhiti:20170913154944j:plain

とりあえずは1プレイで「~に行ってきました」をゲット。

f:id:yuuhiti:20170913154949j:plain

その後連コで高知勢ゲットしました!
高知もプレイできる環境は少ないですが、高知市中心部にいくつか固まっているので徳島よりかは多少優しい気がします。本数の面でも路面電車はバスより気軽に乗れますしね。

f:id:yuuhiti:20170913155447p:plain

その後店内をぐるっと一周。レトロなアーケードが結構有りました。

f:id:yuuhiti:20170913155545p:plain

出入り口付近。ドリンクや軽食の販売もあります。外には自動販売機も有り。うーん、この古き良き遊びの空間。いい意味で閉じた世界で、好きな雰囲気です。

f:id:yuuhiti:20170913155836p:plainf:id:yuuhiti:20170913160001j:plain

というわけでえの木さんでした。歴史のあるお店で昔から通っている人も結構いるそうです。地元に愛される店としてこれからも続いてほしいですね。

高知の夜。

f:id:yuuhiti:20170913160214j:plain

その後再び路面電車に乗り街の中心部へ。

f:id:yuuhiti:20170913160308j:plain

f:id:yuuhiti:20170913160312j:plain

グルコス行脚の時もお邪魔した葉牡丹さんでカツオをたたきを食べたり…

f:id:yuuhiti:20170913160400j:plain

f:id:yuuhiti:20170913160404j:plain

高知の隠れた名物・屋台街で餃子を食べたりして夜を満喫しました。高知はかの酒飲みである吉田類さんの出身地であり、酒場放浪記では高知編も作られました。そのおかげか高知の人は酒飲みのイメージでして、「酔鯨」というやたら国際派なHPを持つ高知の酒名もそれに一役買っている気がします。ただ私は司牡丹。

f:id:yuuhiti:20170913161420j:plain

さて、次回は愛媛です。1泊2日しか無いのでかなり駆け足になるのはしょうが無いところですが、2日目は愛媛のみなのでちとゆっくりできそうですね。温泉にも入りますよ。

チュウニズム行脚その27・香川県高松市・まるゲ

訪問日:2016年6月14日

※ブログの風景や景色は当時のものなので今は色々かわっているかもですよ。

高松駅ではなく。

さて、徳島から高松へ特急うずしおに乗って移動しています。時間も時間なのでそろそろ昼飯を食べたいなぁと思い降りたのはこちら。

f:id:yuuhiti:20170819132751j:plain

高松市街地から少し離れた所にある屋島駅です。近くに琴電の駅もあります。

f:id:yuuhiti:20170819132953j:plain

高松駅から徳島駅を結ぶ高徳線は単線です。乗ってきたのと同じN2000系うずしおとこの駅で待ち合わせをしました。JR四国普通列車に比べても特急列車の割合が多いので、こういった風景も結構見かけます。

f:id:yuuhiti:20170819133455j:plain

さて、屋島駅を西に、途中で県道155線に合流し歩いていきます。

f:id:yuuhiti:20170819211430j:plain

途中で味のある団地がありました。手前の部分はあとで建て増しシたものでしょう。ブルーシートがいい感じにキナ臭くていい味出してます。

f:id:yuuhiti:20170819211635j:plain

県道155号線に合流した後もスーパーの跡地や

f:id:yuuhiti:20170819211716j:plain

え?キリン?キリンが美味いの?というような店(セルフうどん屋)がありなかなか面白いですね。

さて、その先にある店が目的地です。

香川うどん?いえいえ…

香川といえばうどんですが、今回は違う麺類の店に行きました。

f:id:yuuhiti:20170819212220j:plain

横浜家系ラーメン 高松家です。

なんとこちら、横浜にある家系総本山である吉村家の直系であり、西日本唯一の直系でもあります。

最近全国的に広がる家系ですが、それはあくまで「家系」を語った「家系風」のラーメンであり、ラーメン二郎を元祖としてそれに近づこう、または違ったアプローチを見せようとする「二郎系」とは違い、「大元の家系へのリスペクトのない家系っぽいラーメンを横浜家系豚骨醤油ラーメンとして売り出しているだけ」の粗悪な店が多いのが残念な所です。勿論美味しい所もありますが…。

そんな中で直系の店がこの四国の地にあるのはなんだか嬉しいです。まあウチも吉村家本家には行ったことがないのですが…厚木家にはよく行ってました。

f:id:yuuhiti:20170819212849j:plain

ラーメン+野菜畑とまぶしご飯。

家系ラーメンはもれなくほうれん草が入っているのですが、この濃い醤油と塩味には野菜が合うんですよね。野菜畑はその為です。まぶしご飯はこの日セール品で安かったので白ご飯の代わりに頼んだものです。家系にご飯は付き物なので(直系はそうでもないですが)。

実際に伺ったのはもう1年以上前なので味は正直…忘れましたが、油がクドくなく美味しかった記憶があります。その辺の家系っぽいラーメンとは格の違った旨さがありました。

f:id:yuuhiti:20170819213523j:plain

完食。うどんもいいですがラーメンも良いですね。

その後バスで琴電瓦町駅へ。駅近くにある菊池寛通りを経て南新町商店街に入ります。

高松市街中心地にあるゲーセンはここだけ。

f:id:yuuhiti:20170819214412j:plain

f:id:yuuhiti:20170819214515p:plain

目的の店はすぐそこです。

f:id:yuuhiti:20170819214541p:plain

f:id:yuuhiti:20170819214619j:plain

高松市街地唯一…?のゲーセン、まるゲさんです。まるゲ…◯ゲといえば今はなきゲーメストの店ですが、関係あるんですかね。

f:id:yuuhiti:20170819214856p:plain

正面からも太鼓とmaimaiが見えますね。音ゲーは店に入ってすぐの所にありました。

f:id:yuuhiti:20170819214934p:plain

チュウニズムはmaimaiの裏手です。玄人の高校生プレーヤが素人の友人に解説しつつプレイしていました。

f:id:yuuhiti:20170828194823j:plain

チュウニズムは2台設置。ここに来てあまり無いプレイ待ちが発生しました。嬉しいやら悲しいやらですね。

2台を4人で回したので多少時間はかかりましたが…

f:id:yuuhiti:20170819215324j:plain

無事香川勢ゲットです!!

この玄人の高校生が上手くて、後ろで見ながらスゲェなぁと思ったものです。ウチは逆立ちしても敵わないでしょうね…。

f:id:yuuhiti:20170819215704j:plain

ちなみに3階にも音ゲはあったようですが行ってません。

1時間以上かかったので。

瓦町から高松駅へは結構離れていて、当初は歩いて行こうと思ったのですが思ったより時間を喰ってしまい今後の予定に支障をきたしかねなかったので鉄道で向かうことに。急いで近くの琴電瓦町へ向かいJRとの接続駅である高松築港駅行き電車に乗車しました。

f:id:yuuhiti:20170819215803j:plain

f:id:yuuhiti:20170819215807j:plain

琴電の切符に磁気という文字はない。なおICカードはある模様。

f:id:yuuhiti:20170819220323j:plain

f:id:yuuhiti:20170819220327j:plain

高松築港駅着。平屋建ての小さい駅です。高松駅と直結する構想もありましたが、いまは凍結されています。現在高松駅とは横断歩道を挟んで向かい合う形になっていますが、JR側は屋根付きの歩道がかなり琴電側まで伸びておりなんだかこう…惜しい形になっていますね。

時間がなかったのでダッシュでJR側へ。

f:id:yuuhiti:20170821225048j:plain

15時50分発のいしづち17号で多度津まで行き、そこから乗り換えて高知を目指します。

f:id:yuuhiti:20170821225149j:plain

いしづちに使用されているこのJR四国の8000系車両、結構好きなんですよね。まずこの見た目。このスラッとした正面がふつくしい

f:id:yuuhiti:20170821225714j:plain

更新された内装も木材を多用し温かみを演出しつつ、モケットも座り心地良いです。JR九州…というか水◯岡デザインは木材を多用するのはいいのでもちっと座り心地にも配慮を…。

 

さて、次回は乗り換えの様子を紹介しつつ高知です。前々から気になっていた小さなゲーセンへ行って来ました。

チュウニズム行脚その26・徳島県徳島市・アミューズメントパレパレ田宮店

訪問日:2016年6月14日

※ブログの内容は当時のものとなります。今は色々変わってるかもですよ。

お久しぶりです。

だいぶサボっていましたがチュウニズム行脚の更新を再開します。まあもう既に47都道府県の行脚と~勢称号獲得は済んでしまっているのであとは書くだけなのです。サボっているだけなのです。一番悪い。

四国に行ってきました。

ウチは6月生まれなのですが、JR四国にはバースデーパスという乗り放題切符があります。当時は10280円でJR四国連続した3日間特急列車含めて乗り放題&グリーン指定席も指定可能という夢のような切符でした。

なお今年(2017年)4月1日に合わせて内容が変わってます。現在の使用は以下のリンクで。

www.jr-eki.com

で、それを利用して3日…ではなく2日間の期間で四国内をグルメを楽しみつつ行脚してきました。休みが足らんかったんじゃ……。

まずは四国へ向かうべし。

f:id:yuuhiti:20170814145127j:plain

f:id:yuuhiti:20170814145131j:plain

とりあえず新幹線で新大阪から岡山へ。6:50発のさくら543号に乗り込みます。新大阪始発ですが最近は外国人の方が多いので(外国人向けパスでのぞみに乗れない為)並んでないと座りにくいかも。

f:id:yuuhiti:20170814145524j:plain

f:id:yuuhiti:20170814145528j:plain

岡山着後、7:55のマリーンライナー9号で四国高松へ。ちなみに瀬戸大橋を渡って本州と四国を結ぶ本四備讃線は、本州側の児島駅から先がJR四国のエリアなのでバースデーきっぷは児島から有効です。なので大阪からの切符は児島まででOK。

高松→徳島

f:id:yuuhiti:20170814145902j:plain

8時50分、高松着。徳島行きのうずしお5号まで20分ほど有ります。この時間で朝食を取ることにします。

せっかくだしうどんを喰ってこうかと思ったのですが…ただ、高松駅前には有名なうどん屋が無いので適当に入りました。

f:id:yuuhiti:20170814150149j:plain

駅から歩いて3分くらいの所にある味庄セルフの店です。

f:id:yuuhiti:20170814150240j:plain

f:id:yuuhiti:20170814150244j:plain

ひやのぶっかけとゲソ天を注文。はなまるうどんのほうが良いかもしれません。

f:id:yuuhiti:20170814150350j:plain

高松駅に戻りすでに乗車開始していた気動車特急うずしお5号に乗り込みます。この列車は自由席と指定席しかないのですが、指定席を取る意味はほぼ無いです。

f:id:yuuhiti:20170814150529j:plain

というのも3両1編成に指定席がこれだけしか無いからです。コレと知らないサラリーマンの人などが指定席を取るので、ぶっちゃけ指定席の方が混むのです。というので空いている自由席に座ります。9時10分出発。

f:id:yuuhiti:20170814150911j:plain

徳島駅までは約1時間。

徳島駅からバスでゲーセンへ。

f:id:yuuhiti:20170814151042j:plain

f:id:yuuhiti:20170814151927j:plain

10時18分頃、日本で唯一電車の走っていない徳島県徳島駅着。

f:id:yuuhiti:20170814152000j:plain

f:id:yuuhiti:20170814152005j:plain

6月の徳島は暑く、なんとなく南国風の駅前の風景に似合う気候でした。

f:id:yuuhiti:20170814152010j:plain

かつてとくしまCITYだった場所に建つダイワロイネットホテル。CITYを運営していた南海電鉄は徳島にも路線を持とうとした過去があります。ちなみに徳島県内に路線を広げる徳島バス南海電鉄グループです。

徳島駅近くにはゲーセンはありません。なんとか徒歩で行ける範囲にラウンドワンがあるにゃありますが、そこは以前行ったことがあるので今回は駅前バスターミナルからバスに乗って別のゲーセンに行くことにしました。

f:id:yuuhiti:20170814152630j:plain

というわけで循環バスに乗って最寄りバス停へ。

f:id:yuuhiti:20170814152739p:plain

15分ほど揺られて田宮運動公園口で下車。

f:id:yuuhiti:20170814152823p:plain

バスを降りて道を少し戻るように歩くとすぐ右横に目的地の施設があります。

f:id:yuuhiti:20170814152909p:plain

遊場という複合エンタメ施設です。ネットカフェやツタヤ、タリーズコーヒー等が入るこの施設に、目的のゲーセン、アミューズメントパレパレ田宮店が入っています。

f:id:yuuhiti:20170814153118p:plain

パレパレはノヴィルという徳島に本社のある、徳島県内でパチンコ屋を中心にフード系やアミューズメント施設等を運営している会社です。パレパレはそのブランドの1つですが、徳島以外に千葉にも1店舗あります。なぜ千葉。

f:id:yuuhiti:20170814153907p:plain

店内は清潔感のある広いワンフロアになっていて、幅広い客層をターゲットに最新ゲームが揃っています。音ゲコーナーは正面入って左奥側にありました。

f:id:yuuhiti:20170814154018p:plain

f:id:yuuhiti:20170814154113j:plain

チュウニズムはMUSECAとDIVAに囲まれた場所にやや間隔を開けて2台配置されていました。間にあるのは荷物スペースですかね。後ろに順番待ちや休憩に使える長椅子も配置されています。すぐに疲れるウチにとってはありがたいです。

f:id:yuuhiti:20160614110728j:plain

とりあえず1クレで徳島に行ってきました。

f:id:yuuhiti:20160614113159j:plain

3クレで徳島勢となりました。

平日昼間だからか店内は閑散としており気持ちよくプレイできました。帰りのバスのこともあるので、プレイ後はあまりゆっくりとせず店を後にしました。

f:id:yuuhiti:20170814155029j:plain

バスを待っている間に近くにあったダイレックスで麦茶を購入。上にも書きましたが暑かったんですよね、この日…。

f:id:yuuhiti:20170814155136j:plain

その後駅前に戻り、

f:id:yuuhiti:20170814155201j:plain

四国らしいパン屋の存在を確認した後、

f:id:yuuhiti:20170814155237j:plain

f:id:yuuhiti:20170814155240j:plain

12:24発のうずしお14号で高松へ向かいました。

f:id:yuuhiti:20170814155418j:plain

再び四国の自然を満喫しつつ、

f:id:yuuhiti:20170814155507j:plain

f:id:yuuhiti:20170814155513j:plain

徳島駅で購入した阿波踊り専用エナジードリンク、その名も「Awa Rise」を飲みました。

アワライズは興奮と熱気の渦に包まれる阿波踊りで最高のパフォーマンスを発揮したい時のために開発されたエナジードリンクだそうです。以下公式サイト。

www.tokushima-coffee.co.jp

味的にはよくあるエナジードリンクにゆずを効かした感じで、親しみやすく飲みやすかったです。おみやげにも良いかもしれないですね。

 

さて、次回は香川県です。高松市内中心部のゲーセンへ行って来ました。

たまゆら、いいっすよね…。

そうか、たまゆら劇場版の最終章が公開されて1年経つんだな…。

TVアニメのhitotoseの頃から好きだったので、時が流れたまゆら絡みのイベントもなくなり(憧憬の路はやってますが元々が地元のイベントですからね)寂しさこみ上げてくることも。

………

そうだ!絵にかけばいいじゃないか!!あんまりたまゆらの二次創作って多くなかったし、今後より減るだろうから自炊すれば問題なし!!公式がなければ自分で作ればいいのだ!!

 

ってことで

[R-18] 【たまゆら】「妊娠奴隷ぽってたん」イラスト/マガタシ [pixiv]

 

勿論R-18っすよ、何いってんすか。

 

たまゆらの二次創作もまったりゆるゆりで「あら~♡」という感じが多いのですが、俺はほんわか日常系アニメの鬼畜絵が好きなんだ。たまゆらも論外ではないんだ…。すまぬ…すまぬ……。

まあ裸描いただけなんですけどね。

 

つぎはかおたん描きたいなぁ…。コミケたまゆら描きますよって応募しているし、受かったら本気出す。